無名の人が出版する方法としては、自費出版がある。大手出版社でも自費出版部門を持っているところもあるし、自費出版メインの出版社もある。しかし、自費出版では著者はお金を取られるお客さん。本を書いて100万円も取られるのは普通嫌だろう。まあ、自分の商売やクリニックの宣伝のため、「出版社から本を出している」という広告目的のために買い取りで本を出している人は存在する。お金を取られずに出版するには、小説なら多分賞に応募するのが常道だろう。小説やマンガでなければ私はあまり賞を知らない。多分、多くの人は賞に応募する以外の方法で出版している。