ずっと昔、宝島社から出版した本がレアになってアマゾンで古本が1万円近い値段になっいてたので、電子版にて中身を増やして改定版として復刻しました。
ずっと昔、大手生命保険の社医だった時の本です。

上巻270円、下巻540円ですが、  kindle unlimitedの本なので加入している人は買わなくとも無料で読めます。1ヶ月の無料体験に申し込んでも無料で読めます。
キンドルを持っていなくともパソコンでソフトを入れても、スマホからはkindleのアプリを入れたら大丈夫です
http://www.amazon.co.jp/cloudreader
https://itunes.apple.com/jp/app/kindle/id302584613
https://play.google.com/store/apps/details?id=com.amazon.kindle


はじめに 第一章 入社するまで 第二章 加入診査の舞台裏  「診査」って何  正直ではない告知  診査の実際  血圧検査は甘いが、保険料割増もあり  尿検査で糖尿病ごまかしも  形式程度の腹部触診  心電図検査は高額契約・高血圧・不整脈などで必要  血液検査で主に糖尿病チェック  視診で手術痕や入れ墨・指の欠損を発見  社会的に地位があると自分で言う人  「保険に入りたくない」と泣きつく客  社医以外による診査  診査の既成事実を作ってしまえ? 第三章 嘱託医について  嘱託医は儲かるか?  甘い先生を嗅ぎつける、外務員の「野性の勘」  嘱託医訪問はお土産配達  嘱託医からの苦情  嘱託医のランク 第四章 生命保険のウラ知識  死亡保険 若いうちに加入したほうがいい」のトリック  生存保険の掛け金  保険料割増率の決め方  血圧と割増率の関係  特別条件をくつがえせ!  やっぱり「コネ」と「カネ」の裏ルート契約  契約成立への裏技  診査承認と契約成立は違う  運悪く二年以内に死亡したときは  病気を隠していても保険金がもらえる場合  自殺では保険金はもらえないか  加入を断られたとき・・・他の保険会社なら入れる? 第五章 保険会社にだまされるな   こんなときには嘘をつけ!  転換契約にだまされるな!  高収入の人の入院特約は保険会社においしい   一時払養老保険の「抜け道」  変額保険と訴訟騒ぎ  リビング・ニーズ特約の舞台裏  解約したいときは本社へ行け!  税金対策としての生命保険のすすめ  第六章 営業の現場と外務員いろいろ  一億円の保険で収入百万円   こんな時は「同席禁止」を厳守すべし  「報状を捨ててほしい」  締切り狂騒曲  締切り間際の自爆契約  日付変更合戦に表締切りと裏締切り  「第二裏締切り」まで出現!  不健康な人は「重要月」を狙え  診査経費の無駄遣いで丸く収まる?   職員加入促進キャンペーン  懸賞ハガキの本当の目的   募集経費は個人持ち  外務員の新人採用  入社時健康診断  待ち合わせの強者  外務員からのプレゼント  葬式直後の勧誘  第七章 社医の生活も楽じゃない  社医は高給取りか?   会社にとっての勤務時間の解釈   締切り日の診査の混乱  移動時間  自分は休むのに、人には休暇を取らせないセンター長  上司の悪口  健診という「利権」  女医が優遇される理由  形ばかりのエイズ教育  おわりに